教育制度

青森社会福祉振興団の教育制度

青森社会福祉振興団の教育制度

医療・介護業界が初めての方も、ブランクがある方も安心して働けるよう段階に応じた研修を定期的に開催しています。

若手職員のバックアップ

若手職員のバックアップ

新卒者向けの宿泊研修をはじめ、入社6ヶ月・1年目・2年目・3年目にそれぞれのステップに合わせた研修を企画し、実施しています。

内部研修

内部研修

自身の専門分野の知識を深める場、専門外の知識も吸収できる場を用意しています。様々な分野の講師を外部からお招きしたり、内部のベテラン職員が講師となって勉強会を開催します。

未来塾

未来塾

中山辰巳専務理事が講師を務める月1回の研修会。
参加者任意で、福祉の分野だけではなく、社会や歴史・世界といった幅広い分野の知識や教養を学びます。

「みちのく荘職員スキルアップ奨学金」対象研修(「福利厚生」へ)

フューチャー寺子屋

フューチャー寺子屋

介護・看護・フード・ケアマネジャーなど、専門職が講師となり「専門分野に特化した」研修会を開催しています。

「みちのく荘職員スキルアップ奨学金」対象研修(「福利厚生」へ)

外部研修(法人外で開催される研修)

外部研修(法人外で開催される研修)

費用(参加費・交通費)を法人負担で、認知症実践者研修・ユニットケア研修などの外部研修に参加してもらう場合があります。
それ以外で、自主的に参加したい外部で開催する研修があった場合は、申請により研修当日は業務を免除しています(費用は自己負担)。

まるめろSEED研修

まるめろSEED研修

まるめろSEED(まるめろシード)は、介護人材の教育・講師派遣・地域貢献を目的として設立されたチームです。介護職に限らず、全職種の職員が任意で登録できます。
まるめろSEED内で行われている研修では、年齢経験問わず様々な職員が意見を言い合い、普段のケアの仕方に関する疑問などを解消して実践に活かしています。

ファミリー制度/チューターシステム

ファミリー制度/チューターシステム

新人職員が早く職場になじめるよう、先輩職員が新人職員の疑似家族となる「ファミリー制度」を作りました。
職場外で食事をしながら、プライベートの話から日頃の悩みの相談、先輩職員の体験談を聞いたりするなどして先輩職員とのコミュニケーションの向上を図ります。
また、1年間、新人職員1名につき専任の先輩職員(チューター)が1名ついて、指導・教育・訓練を行う指導体制をとっています。
OJT(内部研修)評価基準に基づき、入社1ヵ月・(3ヵ月)・6ヵ月・1年後などの間隔で面談しながら新人の評価を行いサポートします。

このページの上へ