プライバシーポリシー

個人情報保護に関する基本方針

社会福祉法人 青森社会福祉振興団(以下、「法人」という。)は、利用者等の個人情報を適切に取扱うことが、医療・介護サービス等に携わる者の重大な責務と考えています。そのため、皆様から提供された個人情報について「個人情報保護に関する基本方針」を制定し、法人が保有する利用者等の個人情報に関しても、本方針に従って適正かつ適切な取扱いを徹底することを宣言します。

1 基本方針

法人は、個人情報保護に関する関係法令等を遵守するとともに、下記に掲げる方針に基づき、実施するあらゆる事業を通じて個人情報の保護に努めるものとします。

  • 個人の人権尊重の理念のもとに、関係法令等を遵守し、実施するあらゆる事業において個人情報を慎重に取扱います。
  • 個人情報を適法かつ適正な方法で取得します。
  • 個人情報の利用目的をできる限り特定し、その範囲のみでの利用とします。
  • あらかじめ明示した範囲及び法令等の規定に基づく場合を除いて、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく外部に提供しません。
  • 個人情報を正確な状態に保つとともに、漏洩、滅失、毀損などを防止するため適切な措置を講じます。
  • 本人が自己の個人情報について、開示、訂正、追加、削除、利用停止を求める権利を有していることを確認し、これらの申し出があった場合は、速やかに対応します。
  • 個人情報の取扱いに関する苦情があったときは、適切かつ速やかに対応します。
  • 個人情報を保護するために適切な管理体制を講じるとともに、役職員の個人情報保護に関する意識啓発に努めます。

2 利用目的

個人情報の取扱いにあたっては、できる限り特定し、下記の目的以外には使用しません。

(1)法令に基づき法人が行うべき義務として明記されているもの等

  • 利用者の介護サービスの向上のため、サービス計画書作成にかかわる諸会議。
  • 利用者の主治医との協議。
  • 利用者に居宅サービスを提供する他の居宅サービス事業者、居宅介護支援事業者、地域包括支援センター等との連携(サービス担当者会議等)、照会への回答。
  • 事故が発生した場合の行政機関への連絡。
  • 利用者からの苦情に関して県市町村等が行う調査への協力。
  • 利用者に病状の急変が生じた場合等の医療機関への連絡等。
  • 損害賠償保険などに係る保険会社等への相談または届出等。

(2)任意に法人が行うもの

  • 法人の事業所において行われる学生等の実習への協力。
  • 法人の事業所において行われる事例研究。
  • 広報紙やホームページ等への文章・写真の掲載。
  • 事業所内等での名前及び写真の掲示。

(3)他事業者等の情報提供に係る利用目的

  • 外部会計及び評価機関への情報提供。

3 取得の制限

法人は、個人情報を取得するときは、利用目的を明示するとともに、適法かつ適正な方法で行い、思想信条及び宗教に関する個人情報並びに社会的差別の原因となる個人情報については取得しません。

また、個人情報は法令等の規定、個人の生命、身体、財産の安全を守るため緊急やむを得ない場合を除き、本人の同意がある場合に限り本人から取得します。

4 利用目的以外の利用制限

あらかじめ本人の同意を得ることなく、利用目的の達成以外に必要な範囲を超えて個人情報を取扱いません。

5 個人データの安全管理

個人データを常時正確かつ最新の状態に保つため、利用目的の達成に必要な範囲内で取扱います。

6 第三者提供の制限

法人はあらかじめ本人の同意を得ないで、個人データを第三者へ提供はしません。

7 保有個人データの開示

本人の代理人から個人データの開示についての請求があった場合は、定められた手続きに従うとともに、身分証明書等により本人を確認のうえ開示します。

社会福祉法人  青森社会福祉振興団
理事長  中山 辰巳

このページの上へ