ビジョン

法人理念

創意と工夫 努力と情熱

~人、ひとりひとりの心地良さ~

私たちは、「⼈、ひとりひとりの⼼地良さ」を追求するため、
創意と⼯夫 努⼒と情熱 を惜しみません。

私たちは、より快適な介護環境を創るため、
「⽬配り、気くばり、⼼配り」を基本とし、
対話から⽣まれる創造的な介護のあり⽅を求め続けます。

シンボルマーク

シンボルマーク
まるめろの果樹は、
わたしたちの心と思いがいっぱいに詰まった金色のシンボルマークです。

わたしたちのシンボルマークは「まるめろの果樹」です。

初代理事長の中山久司(1911年~1993年)がこよなく愛した果樹で、1975年4月「特別養護老人ホームみちのく荘」がむつ市城ヶ沢に開設した際、敷地に植樹しました。春には薄紅色の花を咲かせ、秋には懐かしい匂いを放つ「西洋なし」に似た果実をつけます。

「諺曰 桃李不言 下自成蹊」[諺に曰わくことわざにいわく桃李言わざれども下自ずから蹊を成す](出典「史記」李将軍伝賛)に由来し、「花や実が美しい樹の下には、いつのまにか道ができる」ように、「わたしたちの目指している施設も、だれもがやってくることができる、親しみのあるものにしたい」と願って植えられました。

マークは、1993年、新築の施設では、全国初の契約制特別養護老人ホーム「エトランデール」の開設と同時に制作され、旗、封筒・パンフレット等の印刷物、看板、法人所有の自動車等に広く使われています。金色のシンボルマークの下に「人、ひとりひとりの心地良さ」というキャッチコピーが書かれているのが、オリジナルです。

デイサービス送迎車や訪問看護・訪問介護等のサービス車の側面等には、四季の移ろいをグラデーションで表現したマークも使用しています。

理事長あいさつ

理事長

新春おめでとうございます。

昨年は、世界中がコロナ禍に見舞われ、多くの制限の中、不安のうちに過ごした一年となりました。

微生物である新型コロナウイルスも「人間を宿主とし変異を繰り返しながら生存していくこと」が、自然界の法則だとすれば、これからも、人類とウイルスの上手な共生が求められているのではないでしょうか。

世界各地で起きている自然破壊、二酸化炭素の大量排出、各国リーダーや個人が声高に叫ぶ自己第一主義等、人間の強欲な所業の果て、母なる地球は傷ついています。

最近では、社会福祉関係者のことを、社会生活を維持するうえで必要不可欠な仕事の従事者の一つだと考え「エッセンシャルワーカー」と呼ぶようになりました。

新型コロナウイルスだけに限らず、世界中のあらゆる場所で、社会や人間の分断が進んでいます。本来の自然環境と人間らしさを取り戻すためにも「互いの助け合い 互いの関わり 人との出会い」を心に抱き、感染症のリスクと闘いながら、特に社会的弱者と呼ばれる人々に寄り添いながら、ひとり一人の命と暮らしを支える仕事に向き合っていくことの使命と誇りを、法人役・職員一同胸に刻みながら歩んでいきたいと願っています。

市民の皆さまのご理解とご支援を、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

二〇二一年新春
社会福祉法人  青森社会福祉振興団
理事長  中山 辰巳

このページの上へ