関野凖一郎記念 まるめろ美術館

2018年05月11日

展示作品のご紹介④

開催中の「少年・少女」展、最後の作品紹介となる今回は「ミネアポリスの小学校」です。


1960年、アメリカ滞在中に制作されました。

関野氏の著書「木版画の楽しみ」に本作品についてこんな記述がありましたので少しご紹介いたします。


~雪の日、朝の八時頃はまだ外燈がともっている。昔習った修身本にあったように、暗い内に起きて勉強する人がここにいた。

暗くなってから帰宅していた。白い雪の中を赤や黄の服装の小学生が教科書を抱いて構内を歩いているのは美しいと感心してながめていた~

2018minea.jpg














たくさんの方にご覧いただきました「少年・少女」展も残りわずかとなりました。

まだご覧になっていない方、もう一度見たい!という方...ぜひお気軽にお立ち寄りください。


そして、6月8日(金)からは新たな企画展がスタートいたします。

詳細は近日中にお知らせいたします!

一覧ページへ

各種お問い合わせはこちら

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

TEL:0175-23-1600

  • みちのく荘サービス検索

このページの上へ