Welcome!外国人介護福祉士候補生

Welcome!外国人介護福祉士候補生

プロフィール写真

EPA(経済連携協定)に基づき、2009年より外国人介護福祉士候補生を受け入れています。
日本語や介護技術の習得。生活習慣・文化の違い。彼らの日々の奮闘ぶりを紹介します。

最近の記事
9月14日のこと
むつ市のみこし
ベトナムでの夏の思い出
年別アーカイブ
2017年 [8]
2016年 [11]
2015年 [12]
2014年 [2]

Welcome!外国人介護福祉士候補生

9月14日のこと

2017年09月19日

nani-bana.jpg

9月14日、この日は遅番。

朝9時半に起床。

11時15分、寮から勤務に向かう。

強風で自転車を漕ぐのが大変だった。

 

仕事中、ある利用者さんから、「好きな食べ物は?」「日本とインドネシアの違うところは?文化の違いは?」「日本で困る事は?」など様々聞かれた。

いつも挨拶程度で自ら話しかけてきた事がないのに、珍しいなぁと思った。

同時に嬉しかった。

時々下北弁(方言)で話すので分からない事もあるが・・・

お世話している時、何度も「ありがとう」と感謝の言葉や笑顔を見せてくれた。

それで、私はもっと頑張ろうと思った。

 

色んな利用者さんを見て、時々、「自分が年をとったらどんな老人になるのかぁ~」と余計な事を考える事がある(笑)

 

午後9時に勤務終了。

途中、マエダ(スーパー)で買い物。

寮についたのが10時。

ふーっ。

むつ市のみこし

2017年08月25日

rin-bana.jpg

8月19日、みこし祭りに参加させていただきました。

 

雨の日がずっと続いて、今年のみこしは大丈夫かなとちょっと心配していましたが、当日晴れてきて、いい天気になりました。

いい天気で、みこしが最高でした。

 

日本の祭りのとき、よく「みこし」を担ぐというイメージが自分にあります。

日本に来る前に、テレビでみこしを何回も見たことがありますから。

 

むつ市のみこしも同じく行われます。

 

みんなでみこしを担ぎながら、「ワッショイ」「ワッショイ」と声かけをして、すごくたのしかったです。

どこでも「ワッショイ」「ワッショイ」聞こえて、熱い雰囲気が溢れると感じました。

 

今年のみこしはちょっと短かったが、とても楽しかったです。

また来年楽しみに待っています。

ベトナムでの夏の思い出

2017年07月20日

zui-bana.jpg

私が18歳になったとき、夏休みに、1人で伯父さんのいるブンタウ(ベトナムの町)へ行きました。

家からブンタウまでは、日本だと北海道から沖縄くらいの距離です。

 

バスで2泊しながら行きます。
実は怖かったですが、でも無事に着きました。

 

伯父さんが住んでいる町には、にぎやかできれいな海があります。

 

その中でも一番心に残っていることは、晩ご飯を食べた後、皆で海に行ったことです。
伯父さん家は海が近いので自転車に乗って海に行きました。

 

夜の海はとてもきれいでした。

 

伯父さんがボートを持っているので皆を乗らせていました。
私ははじめてボートに乗って嬉しかったです。
一キロぐらい行ってボートを止めて、いかを釣りはじめることになります。

 

釣りながら話したり、空と海を眺めたりしました。

あの時、私は一匹しか釣らなかったです。
ちょっと残念でしたが楽しかったです。

 

あれから10年経ちました。

帰国すれば、是非ブンタウに行きたいです。
 

 

むつ市での生活

2017年06月22日

nani-bana.jpg

 

むつ市に住んで、約2年以上たった。
 

しかし、長い時間住んでいるわりに、季節の変化に慣れない。


特に冬季が一番苦手です。


雪を見る事が超楽しかったが、生活や仕事の事などが大変でした。



むつ市は山と海に囲まれているので、新鮮な食べ物がたくさんあります。
 

私はキリストの宗教なので、禁止される食べ物がないので、食生活で困っている事は今までにないですが、むつ市に来てから、一度も教会に行った事ないので、少し寂しいです。
 

むつ市といえば、有名な観光地がいっぱいありますが、行くチャンスが中々ない為、とても残念です。

時々、気分転換の為どこかへ遊びに行きたいなぁと思う事があります。

でも友達が少ないし、行くところがないので、寂しい気持ちになる事があります。
 

しかし、仕事場の皆さんが何事も気軽く話しかけてくれたり、優しく手伝ってくれるので感謝しています。
 

これからも、またむつ市に居るので良い思い出をたくさん作っていきたいです。

 

田名部高等学校のみなさんにありがとう

2017年05月19日

ira-bana.jpg

 

ずいぶん前の話なのですが、

すごくうれしくて記憶に残っていることがあります。


それは2月27日に、田名部高等学校に私とナニさんが訪問したときのことです。

 

田名部高等学校の英語クラスでインドネシアについての話だけでなく、

海外で働いている私たちにとってどんな経験ができたかなどの話をしてきました。



田名部高等学校は初めてなのですが、みんながあたたかく私たちを歓迎してくれました。

生徒さんはもちろん、校長先生まで私たちに積極的に質問をしてくれました。

 

とても良い交流でした。



まだまだ言葉不足で、人前で話すのが緊張しましたが、


生徒さんや先生の明るさでここちよく楽しい交流ができました。


みちのく荘のスタッフのみなさんだけでなく、


むつ市の皆さんも外国人を快く受けとめていることに感動しました。

初心忘れず

2017年04月21日

rin-bana.jpg


冬が終わり、待っていた春がやってきました。

春のあたたかさを感じてきました。



仕事帰りの時、

「やっぱり春がくると、景色が変わっていろいろな花が咲きはじめた。さくらも咲いているし」

と思いながら、景色を眺めながら歩いています。



むつ市での生活を送るのは、今年で3年目になります。
時間のたつのが本当に早かったと感じています。


仕事と生活もおかげさまで慣れてきました。


働きながらの勉強は大変な時もあります。
来年、介護士の国家試験を受けます。



けっこう難しそうです。



試験まで残り時間がないから、これからもっと頑張らないといけないと思います。


初心忘れず


気合を入れて頑張ります。

 

日本人についての感想

2017年02月22日

グェン ティ ラン アイン-バナー.jpg


私は日本に来て、もう二年目になります。
 

日本に来る前にインターネットと雑誌で日本人、日本の文化や日本の生活を少し調べていましたが、実際に来て、日本人に会うと日本人がとても礼儀正しいことに驚きました。


たとえば・・・

公衆の場所で大声で話す人がほとんどいないこと。
車が信号が無い場所でも歩行者が横断するのを待つこと。

などです。


また、私の働いている事業所のスタッフたちは色々なことを教えてくれました。

それは良かったと思っています。


私にとって、日本人の優しさを感じますので、もし機会があったら、日本の友達を多く持つようにしたいです。

私の仕事

2017年01月24日

ファム バン ズイー-バナー.jpg


私は介護福祉士候補者として日本に来ました。
2年前は介護という職について全て分かりませんでしたが、EPAに参加して介護についての学習を深めてはっきり理解できるようになりました。


介護とは高齢者を中心に世話をすることです。

介護士は一日中、実に色々なことをしています。

初めて介護の仕事をしたときはびっくりしたものです。

例えば、身の周りの掃除や食事介助をしています。


日々業務はほぼ同じなので時々どこか行きたいなと思う事もあります。

しかし、毎日利用者さんに会って微笑みを見られると疲れがとれるようです。

皆さんに長く生きていてほしいし、いつも元気でいてほしいと思っています。


介護は大変ですが、色々な楽しいことがあります。
責任を持ってしっかり世話をして最後まで頑張り続けていきたいと思っています。

 

イラとお風呂

2016年12月16日

イラ ノファリア-バナー.jpg

 

冬がきました。


これからまた自転車が使えなくて、歩いて出勤しなければならない季節です。

施設まで歩いていくと20分程ですが、少し余裕をもって毎朝、一時間前に寮から出て出勤しています。


このように、冬は大変ですが、楽しみもあります。


それは、寮に帰ってからいつもお風呂に入ることです。

お風呂に入ると、疲れや冷えがとれて、気持ちがよくなります。

自国にあまりない習慣に慣れてきていると最近気づきました。


お風呂にまだ慣れていなかった頃は、5分ほど湯につかるだけで、熱くてすぐ出てしまいましたが、最近は長くてくつろぎの時間を楽しんでいます。


しかし、ここ1週間、朝でもお風呂に入る習慣が始まり、タイマーを15分にセットして入っています。

これは、そんな風にしないと、朝の仕事に遅れてしまい、困るからです。



今は1日でもお風呂に入らないと、疲れのせいか元気が出なくなってしまいます。



日本の文化に感謝ですね。

八甲田山の紅葉

2016年11月24日

 

先月の29日、私たちインドネシア人は紅葉を見るために、十和田市の八甲田山に行ってきました。


朝一の電車で行きましたが、早起きが苦手な私にとっては大変でした。
でも楽しみな気持ちの方が大きかったので、逆に行く時間まで眠れなくなってしまいました。


3時間半で八甲田ロープウェー駅に到着して、焼きそばやたこ焼きなど食べつつ、少し休憩しました。


そして、ロープウェーで八甲田山のてっぺんまで登りました。

ロープウェーが揺れて気持ち悪くなってしまいましたが、絶景を見たら、本当に幸せな気持ちになりました。

1つの山で2つの景色が見られるなんて、なかなか無いチャンスなので、ビデオや写真をたくさん撮りました。

 

まだ、10月でしたが、八甲田のてっぺんはもう雪に覆われていました。

冷たい風が毎回吹いてるため、15分くらい景色を楽しんでから、建物に入って体を温めました。



その後、私たちは十和田湖にも行きました。八甲田山から十和田湖までは日本語の先生が連れて行ってくれました。
山道は紅葉の景色がすごくきれいでした。


 

またいつか、八甲田山に行きたいです。

そして、今後も、日本の素晴らしいところに行ってみたいです。